華頂短期大学

教 員

TEACHERS

教員紹介

教員名 野田 隆生 (のだ たかお)
職名 准教授
学歴 淑徳大学大学院社会福祉学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了
学位 修士(社会福祉学)
担当教科 総合ゼミナールⅠ
総合ゼミナールⅡ
社会福祉
教育実習
保育実習指導Ⅰ
保育実習Ⅰ
保育実習指導Ⅱ
保育実習Ⅱ
社会の理解
介護の基本Ⅱ
ターミナルケア論
介護総合演習Ⅰ
介護総合演習Ⅱ
介護実習
専攻・専門分野 看取り環境学
仏教社会福祉学
ターミナル・ケア論
ビハーラ実践学
研究テーマ・内容 医療や社会福祉の現場で起きている患者やクライエントの抱える諸問題に向き合うとき、仏典に説かれている教えはどのように活かされるのか、それとも無用のものなのかについて実践を通じて検証しています。
所属学会 日本仏教社会福祉学会
日本社会福祉学会
日本仏教看護・ビハーラ学会(理事)
日本仏教教育学会
日本生命倫理学会
日本死の臨床研究会(常任世話人) 
学外活動 京滋緩和ケア研究会 理事 2018年11月より今日に至る                 京滋緩和ケア研究会 世話人 2016年11月より今日に至る                財団法人 大日本仏教慈善会財団あそかビハーラ病院 倫理審査委員会 委員 2015年1月より今日に至る 

社会福祉法人 明照福祉会 理事 2014年5月より今日に至る
日本仏教看護・ビハーラ学会 理事 2013年8月より今日に至る
社会福祉法人 平安養育院 評議員 2007年7月より今日に至る
日本死の臨床研究会近畿支部 世話人 2005年2月より今日に至る
日本死の臨床研究会 世話人 2006年11月より今日に至る
日本死の臨床研究会 常任世話人 2010年11月より今日に至る
社団法人 全国保育士養成協議会児童福祉施設福祉サービス第三者評価 評価調査者認定
認定番号No.657 2005年10月より今日に至る
佛教大学ビハーラ研究会 世話人 2000年4月より今日に至る
社団法人 コミュニティーネットワーク協会(CNA)幹事 1999年10月より2004年10月まで
日本社会事業史学会 歴史教育小委員会委員 2006年9月より2008年5月まで
研究業績:著書 共著「第5章 社会福祉の民間活動」(井村圭壯・相澤譲治編『社会福祉の基本と課題』勁草書房、2015年2月)
共著『京都東山 福祉の源流を探る』東山の福祉と革新の源流を探る会、宮帯出版、2011年5月
共著「五人組制度」・「福田会育児院」(古川孝順・金子光一編『社会福祉発達史キーワード』有斐閣双書、2009年5月)
研究業績:論文 論文
「生死考」『京都華頂大学・華頂短期大学研究紀要』第63号 2018年12月 「現代人の臨終と生死観~後篇~」『地域ケアリング』2017年12月 Vol.19,No.13   「現代人の臨終と生死観~前篇~」『地域ケアリング』2017年11月 Vol.19,No.12  「「看取り環境」の創造と地域包括ケアシステム~住み慣れた地域で最期を生きるために~」『地域ケアリング』2016年3月 Vol.18,No.3
「近世仏教と看取りの文化(その三)~看取るものと看取られるもの~」『地域ケアリング』2016年2 Vol.18,No.2
「近世仏教と看取りの文化(その二)~信仰と「死」の看取り~」『地域ケアリング』2016年1月 Vol.18,No.1
「近世仏教と看取りの文化(その一)~幕藩体制下の仏教と民衆~」『地域ケアリング』2015年12月 Vol.17,No.13
「現代人の臨終と生死観(その二)-論考から読み解く生死観-」『地域ケアリング』2015年11月 Vol.17,No.12
「現代人の臨終と生死観(その一)-「いのち」への問いー」『地域ケアリング』2015年10月 Vol.17,No.11
「日本の歴史に学ぶ『臨終の作法』-『平穏死』と『お迎え』-」『地域ケアリング』2015年6月 Vol.17 No.6
「臨終考―誰が迎えに来るのか―」『死の臨床 61』2013年6月 Vol.36
「地域社会と看取り~臨終行儀から学ぶ看取りの叡智~」『現代家政学研究』第2号2013年3月
「京都東山の福祉と革新の源流を探る(1)-仏教が果たした役割-」野田隆生、流石智子、藤本文朗 『華頂短期大学研究紀要』第54号2009年12月
「京都東山の福祉と革新の源流を探る(2)-年表編-」野田隆生、流石智子、藤本文朗 『華頂短期大学研究紀要』第54号2009年12月
「近世における臨終行儀書ならびに『往生伝』の伝播とその意義-今日的ターミナル・ケアへの指標-」 『華頂社会福祉学』第3号2007年3月

教育実践報告
2ー(2)「第2回『仏教と福祉~生きることと死ぬことと~』(「社会福祉コース『ちょっとした自主勉強会』の実銭 -専門領域の教員間共有と学生への還元を模索した取り組み-」名賀亨・武田康晴・野田隆生、『華頂社会福祉学』第3号2007年3月
第1章-3「(2年制)-短期大学における教育実践-」(第1章「社会福祉の歴史教育の実践(講義)における課題」『社会福祉歴史教育に関する小委員会(第2次)報告書 -社会福祉の歴史教育の現状と今後の展望-』社会事業史学会、2008年5月)

学会発表・講演
日本仏教看護・ビハーラ学会第14回年次大会 大会長(於;華厳宗大本山東大寺・東大寺総合文化センター、2018年8月24~26日)                        「生死の看取り~「死」は「点」なのか?」(いのち教育実践研究会―教師の視点をいかにもつかー)甲南大学、2016年6月
日本仏教社会福祉学会第47回年次大会 実行委員長(於;京都華頂大学・華頂短期大学、2012年9月1・2日)
仏教看護・ビハーラ学会第7回年次大会 大会長(於;京都華頂大学・華頂短期大学、2011年8月27・28日)
「臨終行儀から学ぶ「よりそう」ことの意味について」浄土宗学術総合大会、佛教大学、2010年9月
「佛教大学アーカイブス 仏教社会事業研究所と仏教看護(ビハーラ)コースの歩み」仏教看護・ビハーラ学会第5回年次大会、佛教大学四条センター、2009年8月
「仏教福祉思想における仏教語の今日的理解に向けて~「いま」を生きる人間とのかかわりを中心に-」日本仏教社会福祉学会第43回大会、札幌大谷大学、2008年9月
「現代社会に応える実践としての仏教について」浄土宗学術総合大会、佛教大学、2008年9月
メッセージ 夢はありますか?元気ですか?
「いま」という時間を大切に、前を向いてしっかりと歩んでいきましょう。