華頂短期大学

教 員

TEACHERS

教員紹介

教員名 坂口 みゆき (さかぐち みゆき)
職名 講師
学歴 大阪教育大学大学院 教育学研究科(修士課程) 障害児教育専攻 障害児心理専修 修了  英国ローハンプトン大学大学院 音楽療法修士課程 修了
学位 修士(教育学), MA in Music Therapy
担当教科 基礎ゼミナールⅠ
基礎ゼミナールⅡ
総合ゼミナールⅠ
総合ゼミナールⅡ
音楽Ⅰ(ピアノと歌)
音楽Ⅱ(ピアノと歌)
ピアノ実技Ⅰ
ピアノ実技Ⅰ
ピアノ実技Ⅱ
教育実習
保育実習Ⅰ
保育実習Ⅱ
音楽療法概論
音楽療法各論
音楽療法演習
音楽療法総合演習
専攻・専門分野 精神分析的音楽療法
研究テーマ・内容 ・音楽療法の精神分析的考察
・心理療法的音楽療法の日本への導入と理解の促進
所属学会 ・日本芸術療法学会
・日本音楽療法学会
・British Association for Music Therapy
学外活動
研究業績:著書
研究業績:論文 ・「英国ローハンプトン大学の音楽療法士養成コース:精神力動的音楽療法とトレーニング
 の紹介」『船橋音楽療法研究室年報』 第8巻, pp.62-69, 2010.
・「保育系学生のためのコミュニケーション教育プログラムの開発と実践,導入の試み
 (その1)」『京都華頂大学・華頂短期大学教育開発センター研究報告書』第2号, 
 pp.1-9, 2015. (共著)
・「公開講座『介護学の視点』実施報告:音楽療法-思いを紡ぐ音の世界」『華頂社会福祉
 学』第11号, pp.9-12, 2015.
・「高齢者に対する音楽療法における精神分析的アプローチの意義についての一考察」『京
 都華頂大学現代家政学研究』第4号, pp.47-55, 2015.
・「保育・幼児教育における障がい児に対する療育的音楽活動について:学生の学びへの一
 提案」『華頂短期大学保育実践研究』第16号, pp.65-71, 2015.
・「保育系学生のためのコミュニケーション教育プログラムの開発と実践,導入の試み
 (その2)」『京都華頂大学・華頂短期大学教育開発センター研究報告書』第3号, 
 pp.1-14, 2016. (共著)
・「音楽療法の学びにおける学生の内面への気づきを促す取り組み」『京都華頂大学・華頂短期大学教育開発センター研究報告書」第4号, pp.9-21, 2017.
・「クラインの精神分析技法にみる即興的音楽づくりの臨床的意義」『京都華頂大学・華頂短期大学研究紀要』第62号,pp.1-12, 2017.
・「『 二者言語』としての音楽:精神分析的音楽療法における臨床即興の意義」『京都華頂大学現代家政学研究』第8号, pp. 39-47. 2019.
・「幼児の表現活動における即興的音楽づくりの意義」『京都華頂大学・華頂短期大学研究紀要』第65号,pp.29-40, 2020.
メッセージ 一見今の自分には必要ないように感じられることも、目指す職業には関係ないように思われることも、もちろん今自分に必要だと感じられることも、勉強も遊びも、時間をかけてきっといろんな風に形を変えながら、みなさんの血肉となるのだと思います。自分のペースで、自分の人生をクリエイトしていってくださいね。