華頂短期大学

教 員

TEACHERS

教員紹介

教員名 名賀 亨 (なが とおる)
職名 准教授
学歴 神戸大学総合人間科学研究科ボランティア社会・学習支援論コース
学位 修士(学術)
担当教科 基礎ゼミナールⅠ
基礎ゼミナールⅡ
総合ゼミナールⅠ
総合ゼミナールⅡ
現代子ども学
子どもの遊びと生活
レクリエーション理論
教育実習
保育実習Ⅰ
レクリエーション実習
コミュニケーション技術Ⅰ
専攻・専門分野 ボランティア学習
福祉教育
グループワーク
研究テーマ・内容 ボランティア活動実践としての「ワーク・キャンプ」に内在する学びの効果、および地域福祉のプロセスにおいて地域に及ぼす効果に関する実践研究
所属学会 日本社会福祉学会
日本地域福祉学会
日本福祉教育・ボランティア学習学会
日本ボランティア学習学会
学外活動 大阪ボランティア協会アソシエーター
日本ボランティア学習協会常任理事
京都ボランティア協会理事
京都ボランティア学習実践研究会代表
研究業績:著書 ・現代社会と福祉論(嵯峨野書院、共著、第4章地域福祉)
・青少年ボランティア活動推進者のためのテキスト
(日本青年奉仕協会、共著、青少年ボランティア活動推進のポイント)
・基礎から学ぶボランティアの理論と実際
(大阪ボランティア協会、共著、第8章ボランティア活動を始めるにあたって編著、巡静一・
 早瀬 昇)
・ボランティア論「広がり」から「深まり」へ(㈱みらい、編著)
・ボランティア・市民活動実践論(ミネルヴァ書房 第10章ワークキャンプ実践に見る福祉教育そしてボランティア学習
研究業績:論文 ・ワークキャンプの持つ社会開発の効果に関わる一考察(日本福祉教育・ボランティア学習
 学会)
・ワークキャンプにおいて参加者が“覚醒する異空間”と出会う瞬間に関する一考察(日本
 福祉教育・ボランティア学習学会)
・ボランティア学習におけるリフレクションの保育実習への応用-学びの可視化と深まりを
 求めて-(京都華頂大学・華頂短期大学教育開発センター研究報告書)
・ボランティア活動実践にある学びとプログラムの関係 ワークキャンプを事例として
 (京都華頂大学・華頂短期大学研究紀要)
・佛教大学幼稚園カウンセリング第4号 特集:子どもの学びと育ちを支援する先生の役割
メッセージ 様々な人たちが共生できる社会、そんな社会の創出のために私たちができることは何か・・・・?
みなさんと一緒に共生社会について考えましょう。